微笑む弁護士

まずは相談から

清潔感のあるオフィスclass=

自動車やバイクの事故が起きると、加害者と被害者の間で和解しなければなりません。裁判でも示談でも和解の道を探る事は絶対です。しかしながら多くの交通事故は示談による解決が成されています。示談では法律が関わってくる話になるため、それに関する有識者の協力は必須条件です。自動車やバイクに乗っている場合は、保険に加入している事が多いため心配はありません。問題は歩行者として被害を受けた場合です。歩行者は全ての人が保険に加入しているわけではないので、被害を受けた時点では協力者がいません。よって示談を成立させる前に相談に乗ってくれる人が必要なのです。その相談者の役割を担うのが弁護士になります。彼らの協力を得れば示談が達成できる事は間違いありません。

現在では自動車やバイクの事故が減少しています。乗用車を持っている人が少なくなっている事も関係していますが、一番の理由は交通事故に対する社会の認識が変化した事です。近年では飲酒による交通事故を起こした場合、ニュースで大きく取り上げられ問題視されます。それによるプレッシャーで免許所持者は、自動車やバイクを注意して扱うようになったのです。それによって死傷者が減った事は歓迎すべきですが、弁護士は専門サービスを展開する機会が減ったとも言えます。さらに弁護士の数は上昇傾向にあるため、限られた仕事の数を奪い合う状態になっているのです。今後も事故が減って弁護士が増え続ければ、ビジネスの競争は激化する事が予想されます。