微笑む弁護士

依頼にかかる費用

積まれた書類class=

歩行者とバイク・車などとの交通事故が起きてしまったときには、被害者側は泣き寝入りをせずに、弁護士など専門家に相談することが望まれます。事故が起きた際には、警察に通報し、症状が軽いと感じられた場合でも人身事故扱いにしてもらう方が確実です。直後には症状が出ていなくても、時間が経ってからむち打ちなどの症状が現れることも多いからです。軽い事故の場合には、その場で示談を迫られるケースもみられますが、相手方の保険代理店に連絡を取るよう依頼する必要があります。自動車の任意保険の加入率は8割程度とされています。相手方が任意保険に未加入の車だった場合には、注意が必要です。対応について弁護士など専門家に相談することが望まれます。

自動車保険に加入するときに、特約として加入しておきたいのが、「弁護士費用特約」です。相手方が任意保険に加入していなくて、請求に応じてもらえない場合や、交渉がうまく進まない場合に弁護士費用などの支払いを受けることができる特約です。歩行中や停車中の追突など、もらい事故でも保障を受けることができますから、万一の備えとして安心です。さらに「人身傷害保険」にも加入しておくと安心です。人身傷害保険は、実際の損害額に対して保険金が支払われる保障です。歩行中の事故も対象となり、相手が無保険車であっても補償が受けられますので、万一のケースにも備えることができます。一般的に保障の範囲は、記名被保険者以外に、その家族も対象となります。